山手学区 通学路安全対策 要望書 拝受 6/21

令和4年6月21日(火)、山手学区町内会連合会長、土木常設委員、各町内会長のご連名で、通学路の安全対策の要望書を頂きました。交差点の道幅が狭く、建物が交差点を囲むように建っており、県道378号を直進する自動車は、交差有無の確認がしづらく、非常に危険な状況です。一昨年にも登校中の学童が自動車と接触する事故が起きており、早急に、横断歩道の新設、減速標示、通学児童あり標示の新設など、通学路安全対策を検討して参ります。児童の安心安全を守れるよう、しっかりと取り組んでいきます(#^.^#)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。