『村の堰崩し城下町守る』中国新聞社記事 3/16

令和4年3月16日(水)、中国新聞朝刊で、先日取材して頂いた羽賀自治会の取組についての記事が掲載されました。記事では『水野勝成公は、中津原で芦田川を大きく屈曲させ、川の東側に「羽賀の砂堰」と呼ばれる崩しやすい砂の堤防を築いた。一定の水位に達すると砂堰を切って周辺の村に水を流し、城下町を洪水から守った』とあります。自らの身を挺して、福山城下町を守った地元・中津原の御先祖に感謝をするとともに、偉業を今後のまちづくりに役立てていきたいと思います(*^_^*)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。